お問い合わせ

Inquiry

お客さまの疑問やご質問にできるだけスムーズにお答えできるように、お問い合わせ専用のメールフォームと「よくあるご質問」をわけてご用意いたしました。
こちらに掲載されていない疑問やご質問、もしくは発注のご相談などございましたら、ボタンをクリックしてお進みください。
お問い合わせ担当:植田

よくある
ご質問

Q&A


シーウォール
Q1
  • 耐久性はどうですか?
  • Q2
  • 津波に対応する商品がありますか?
  • Q3
  • 定尺のサイズを教えてください
  • Q4
  • キズ・汚れ防止はどうですか?

  • 跳ね上げ式防水扉
    Q1
  • 止水状態への作動時間はどのくらいですか?
  • Q2
  • 機械の表面仕上げについて教えてください
  • Q3
  • 機械の施工性について教えてください
  • Q4
  • 止水性について教えてください
  • Q5
  • 防錆処理について教えてください

  • LED導光板照明
    Q1
  • 蛍光管タイプのLED照明器具との違いは何ですか?
  • Q2
  • 導光板照明の特徴を教えてください
  • Q3
  • 器具の寿命はどのくらいですか?
  • Q4
  • 調光は出来ますか?


  • シーウォール
    Q1
  • 耐久性はどうですか?
  • A1
  • 防潮壁にアクリルガラスが利用されている件数は少ないですが、水族館の大型水槽として30年以上経過している水槽が実績として多数ございます 。
  • Q2
  • 津波に対応する商品がありますか?
  • A2
  • 津波の設計水圧により算出された強度計算にアクリルガラスの板圧を調整することが出来ます。アクリルガラスを積層して対応が可能です。
  • Q3
  • 定尺のサイズを教えてください
  • A3
  • 1,000×1,000 1,000×2,000 2,000×2,000 3,000×2,000を標準サイズとしています。
  • Q4
  • キズ・汚れ防止はどうですか?
  • A4
  • 超親水加工を施すことで、水滴による焼け防止・セルフクリーニング効果があります。ハードコート加工を施すことでキズ防止が可能。又アクリルパネルの交換や研磨が可能です。

  • 跳ね上げ式防水扉
    Q1
  • 止水状態への作動時間はどのくらいですか?
  • A1
  • 防水扉の大きさにもよりますが、電動式防水扉では30秒~5分間、ジャッキハンドル式では1分~10分間で止水状態となります。
  • Q2
  • 機械の表面仕上げについて教えてください
  • A2
  • 通行部分であることを考慮し、フロア面と床レベルが合うように設計され、表面仕上げには床材として使用できる全ての材料を表面材として使用していただくことができます。
  • Q3
  • 機械の施工性について教えてください
  • A3
  • 構造物を大きく損傷することも長時間通行止めすることもありません。
  • Q4
  • 止水性について教えてください
  • A4
  • 跳ね上げ式防水扉は間口や大きさにかかわらず1枚物のゲートなので、完全な止水をすることができます。
  • Q5
  • 防錆処理について教えてください
  • A5
  • 機械本体は、常温金属亜鉛溶射システム(JIS H8300)により亜鉛の金属被膜を施工します。又、表面に露出する部分は、全てステンレス(SU304)を使用し長期に渡り、サビから守ります。

  • LED導光板照明
    Q1
  • 蛍光管タイプのLED照明器具との違いは何ですか?
  • A1
  • 面板全体を均一に放射します。
  • Q2
  • 導光板照明の特徴を教えてください
  • A2
  • LED特有の点光源によるまぶしさがなく、目に優しい光を実現します。導光板は薄型設計が出来、天井面をスマートに見せる空間演出が可能です。
  • Q3
  • 器具の寿命はどのくらいですか?
  • A3
  • 推定寿命40,000時間でメンテコストも大幅に削減できます。
  • Q4
  • 調光は出来ますか?
  • A4
  • 調光は勿論のこと、空間の照度をセンサーで感知し、設計時にこれらを見込んだ上で適正照度を設定できます。又、タイマー制御や人感センサーでエネルギーを削減できます。